dマガジン比較予備校VH22

  1. >
  2. 「置き場所とらず、どこでも読書」バンザイ!

「置き場所とらず、どこでも読書」バンザイ!

本好きの旦那さんなら、奥さんから「山積みの本を捨てなさい!邪魔よ!」と言われたことがあるかと思います。l

私もそうでした。

怒られるので、極力新たな本は買わないようにして、泣く泣く断捨離を行うことも。

しかし近年、電子書籍がスマホでも読めるようになってきたので、光明が見えてきました。

置き場所は全くとらず、従って買ったこと自体が知られにくい。

重い本を持ち歩かなくても、スマホを持ち歩けばいつでも読めるのは最大の利点です。

飽きた本でも、場所をとらずに保管でき、いつでも読み返せるのもよい点です。

ただし、難点もあります。

スマホの画面はやはり小さく、いささか読みにくいこと。

古本屋なら100円コーナーで手に入るような本でも、新刊並みの価格が必要なケースが多いこと。

そもそも新刊でも、欲しい本が電子書籍化されていないこともあること。

本屋に並んでから、電子書籍化されるまでに期間がかかることがあること。

とはいうものの、こうした面も、電子書籍がさらに普及すれば、改善されると思っています。

電子書籍と書籍の違い

書店にて本を買わなくても

家で手軽に買えるのが電子書籍。

普通の書籍では、購入した書籍を古本屋に

売らない限り、どこかに保存しておかないといけないため、場所を取ってしまう。

しかし、電子書籍の場合だと

保存しておくところはタブレットで、

タブレット1つでたくさんの本を保存できる。

しかし、保存してあるタブレットが

突然故障してしまったり、盗難にあい

データが消えてしまった場合

再度購入しないといけないため

不安感が残る。

手軽で便利な電子書籍

外出先や電車の中などちょっとした時間に気軽に読めるのが便利だと思います。かさばらず処分も困らないのもいいですね。ただ、スマホだと画面が小さい分細かい文字が見づらかったり明るい場所だと画面に光が反射してよく見えず目が疲れるので長時間は読み続けられないです。

最近は無料連載を朝起きた時に布団でゴロゴロしながら読むのが日課のようになってます。寝る前だと寝付きが悪くなりそうだから、読むのは朝や日中にしています。

なんだかんだ手離せません。

読みたいときにモバイル端末を開けばすぐ読めて、巻数のある本でもかさばらず収納場所も取らずにすむのでよく利用します。

無料の試し読みは、ちょうど続きが気になる部分で購入ページに飛ぶのでうまくできてるなぁと思います。

しかし一回でもポイント購入すると、きちんと退会するまで毎月自動更新で請求とポイント加算されてしまうのは改善してほしいですね。

不具合なのか電子書籍のサイトによってはページが突然真っ白に飛んだり、画面が固まってしまうことがあるので、イライラしてしまうときもありますが、電車の中や暇なときにはやっぱりサイトを開いて読みはじめてしまうので手放せません。重宝してます。

↑ PAGE TOP